すぐに業社に依頼

風情ある街

庭いじりが楽しくても高所作業は危険

草木の豊かに生い茂る庭は、見ていてとても気持ちのよいものです。季節ごとに咲く花々や豊かな緑陰は自然と心をなごませてくれます。もちろん、美しい庭を保つためには雑草を取り除いたり木の枝を剪定したりと、こまめに手入れをする必要があります。しかし、それとても却って自ら丹精する喜びを与えてくれます。ただ、中には自分でやるのは危険すぎて無理、というケースもあります。特に高木の手入れがそうです。自分の背丈の届く範囲なら枝打ちなども自力で可能ですが、3メートル、4メートルと大きく育ってしまった木は、よほど注意していても自ら登って枝を落とすなどというのは困難です。もし必要あって切り倒さなければならないなどという場合はなおさらです。

適切な伐採で事故やトラブルを防止する

現在、育ちすぎてしまった木の伐採に対するニーズは意外とたくさんあります。それは、その家の持ち主が高齢化によって自ら庭の手入れができなくなっているうちに木がどんどん大きくなってしまい、ますます手がつけられなくなっている場合が多いからです。このような場合は、専門の伐採業者に依頼するのが賢明です。放置しておくと電線に触れたりするおそれがありますし、隣家とのトラブルの原因にもなりかねません。造園業者は木の枝ぶりを整えたりといった作業はやってくれますが、伐採作業も請け負っているところは多くありません。公園や神社仏閣などの木の手入れは、専門の業者がやっています。そうした業者で個人からの依頼も受けているところを探し、伐採してもらうことが最適な解決方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加